トリミングが評価される理由
ホーム > 注目 > 中学生のときに試した洗顔の仕方

中学生のときに試した洗顔の仕方

中学生のときに試したニキビ対処法を紹介しています。私は中学生の頃、頬によくニキビができていました。赤くちょこんとできるニキビが、顔の目立つところにあり、とても嫌でした。しかし、ドラッグストアに売っているニキビ用洗顔料を使うと、ピリピリしみたり肌に合いませんでした。

メーカーを変えて何個か洗顔料を試しましたが、私の肌には合わず、他の部分の肌が赤くなることもありました。「もう、しょうがないのかな」と諦めかけていたとき、テレビでもろみ酢で洗顔すると良いと紹介されていました。これはいいかもしれないと思い、母親ともろみ酢を買いに行き、その日からもろみ酢での洗顔の仕方を始めました。洗面器に水を張り、もろみ酢を少し入れます。

その水を顔に優しく当て、洗顔します。洗顔後はさっぱりし過ぎることも、肌がピリピリ赤くなることもなく、私には合っていました。何日か続けていくとニキビはなくなり、続けていくとニキビが出にくくなった気がしました。だんだん肌もしっとりして肌の状態も良くなり、もろみ酢洗顔をしてよかったと思いました。

大人ニキビはなぜ治らないのか