通販の歴史

通販が今こんなに多くなったのは、やっぱりインターネットショッピングが始ってからではないでしょうか。
もちろん世界的に見ると、通販の歴史というと最初の通販は19世紀半ばのアメリカ、農民向けの野菜などのカタログ販売があったとのことです。

日本では1876年にやはり農業専門の雑誌にアメリカ産トウモロコシの種子の通販の歴史があるとのことです。
その後テレビショッピングの前には少年雑誌などには切手の通販があったりもしました。
主婦向け雑誌には調理用品などの通販も載るようになったりと、関連のあるものの通販が雑誌などから始ったとも言えそうです。

その後テレビが普及して、テレビショッピングなどはもう40年以上前からありました。
デパートなどのテレビショッピングは、特にデパートという国民の信頼があったため、通販の広がりが成り立ったという部分もありました。
それからだんだん通販専門会社が商品を魅力的に伝え、それを通販するというふうになっていきました。

ネットショッピングも、やはり電子マネーの普及も大きく関係しているようです。
クレジットカードや個人情報のセキュリティーがしっかり行われるようになると、ネットショッピングは急速に広がっていったのです。
特にネットは自分の興味のある情報を調べることが多くなります。
ネットは情報を得ようとすると、他のものにもどんどん興味が広がるという性質を持っています。
わたしたちの趣味を広げることで通販がまた広がるということになります。
そして興味のあることを調べていると、それに関した商品の広告も出てくるので、つい購入してしまうということにもつながるのです。
こうして日本でもどんどん通販が広がってきました。



≪特別外部リンク≫
高級で新鮮な卵がお取り寄せ出来る通販サイトです ... お取り寄せ

Copyright © 2014 現代社会、通販社会 All Rights Reserved.